カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

海外電子マネー

まず海外口座開設から

サーフサイト

10%for13days

AlienTrust詳細
ATライブサポート


5%for25days

MatrixDaily詳細

HYIP(ハイプ)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント

ランキング参加なのだ

人気blogランキング
FC2blogランキング
ブログランキングbloking

おともだちリンクっ

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

りんにメールするっ★

りん★のオートサーフ
オートサーフは全滅するまでこりないのだっ (≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safeモードのすすめ
スパイウェアの主な活動内容は、
ユーザー情報を外部に送信してしまうものです。

Webサイトにアクセスすることにより知らない間にインストールされ、
入力した情報(パスワード)を外部送信したり 「キーロガー」
パスワードが解読されたり 「ハッキング」
その被害は様々です。

しかし駆除ツールにもそれぞれのクセがあり
ひとつだけでは発見しきれないことはよくあります。

従って、最低でも2つ以上のツールを利用されることが重要となってきます!


Safe モードでの駆除

パソコンが活動的になるとスパイウェアと認識されないように
感染を隠すステルスタイプのスパイウェアがあります。

これらのスパイウェアは 様々な方法で存在を詐称し、
通常の検出作業では発見が困難な場合があります。

この対策としてセーフモードでの検出作業が必要となってきます。


XPでの手順

1.[スタート] → [ファイル名を指定して実行] → "msconfig" と入力し実行します。

 [BOOT.INI] のタブを選択し [/SAFEBOOT] のチェックボックスをオンにします。






2.再起動します






再起動が終わればセーフモードで開始されるので、
さっそくスパイウェアをさがしましょう! (o≧ω≦o)

作業を終えたら同じように
[スタート] → [ファイル名を指定して実行] → "msconfig" と入力し実行します。

[BOOT.INI] のタブを選択し [/SAFEBOOT] のチェックボックスをオフにします。

もう一度再起動すれば完了です。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。